名刺印刷とは

名刺印刷に対する固定観念の払拭とメッセージ

名刺はビジネス上で互いの情報を交換するための道具として用いられています。その記載内容について固定観念を持っている人もいますが、それによって自分の可能性を潰してしまっているかもしれません。名刺をもっと活用できるように意識改革を行いましょう。

名刺の記載内容についての固定観念

名刺はビジネス上で出会った人と交換するものであり、必要な情報が記載されているのが望ましいのは確かです。多くの人が使用している名刺に記載されている内容はおよそ同じようになっていて、少しレイアウトが違ったり、載せられているロゴマークや色合いが異なったりするだけでしょう。固定観念として持っていることが多いのが、名前や肩書、所属先の名称や住所などの連絡先をコンパクトにまとめておいて、相手に情報提供をするためのものであるという考え方です。素性を明らかにするための客観的な情報をわかりやすく記載しておくのが名刺であり、その条件を満たしているシンプルなものが望ましいと考えている人が多いのが現状となっています。

名刺印刷に込める自分の姿

名刺には決まった体裁があるわけではありません。確かに必要な情報を提供するための道具としても機能してもらう必要があります。しかし、情報をまとめておくためのものだという固定観念を払拭して、自分のという存在を相手に理解してもらうための道具として活用する考え方を持つと名刺を渡す意味が大きくなるでしょう。相手がその名刺を見たときに自分がどういう人なのかと一目でわかるようにデザインしておくと、その相手が持つ印象が変わります。自分の姿を名刺に込めてデザインをすることで、自分の可能性を広げていくことができるのです。ビジネス上で相手に渡すのが習慣になっているからこそ、必ず訪れる自己アピールの機会だと捉えるのが大切になります。

デザインよりも簡単なメッセージ

名刺印刷のデザインに工夫をして自分の姿を伝えられるのならそれに越したことはありません。しかし、デザインにはセンスが必要なのも確かであり、勤め先によってはデザインの変更が許されていない場合もあります。そのときに役に立つのがメッセージです。自分でデザインできるのなら自分の姿を伝えられる一文のメッセージを盛り込んでおくと、どのような人かと相手にすぐにわかってもらえます。もし勤め先で名刺印刷のデザインが決まってしまっているのなら、余白に手書きしておくのが賢い方法です。。手書きにすることでメッセージ性も高くなって印象が良くなる可能性があるだけでなく、相手に応じて伝えたいメッセージを変更することもできるでしょう。